Sound Body Partner 楽音(らくね) 店内

〒454-0927
愛知県名古屋市中川区打中二丁目282
[TEL] 090-8078-1680
[EMail] sbprakuneko@gmail.com

営業時間
平日 10:00~22:00
土日祝 9:00~22:00

定休日
不定休(完全予約制)

アクセス
市バス打出本町七丁目 徒歩1分
地下鉄高畑駅 徒歩20分

駐車場
1台

HOME > 楽音ブログ > カラダのこと > 頭蓋骨調整

楽音ブログ

< 脂肪  |  一覧へ戻る  |  心理学について >

頭蓋骨調整

images (8).jpg今日は、友人にお願いして、頭蓋骨の調整を練習させてもらいました(^^♪

「なんかラクちんになった」そうです。笑

思ってた以上に体が楽になったそうで、定期的に通ってもらう事になりました。


頭蓋骨は、22~29個あります。
色々な捉え方があるので何個が正解なのかわかりませんが、とにかくたくさんの骨から出来ています。

頭蓋骨にズレが生じると、体液の流れが悪くなったりします。

自分の頭の調整をしたところ、頭から腰までが熱を帯びてきました。

これは、体液の流れが良くなったからでしょう。

他には、鼻の通りが良くなりました。

鼻の通りが良くなると、副鼻腔炎が改善すると聞いたので、ちょっと期待しています(^^)


ちなみに、頭蓋骨の調整をしていると、首や肩に関係する筋肉も緩んできます。

頭蓋骨、凄い!!

カテゴリ:

< 脂肪  |  一覧へ戻る  |  心理学について >

同じカテゴリの記事

脂肪

脂肪は、冷えている場所に付いていくそうです。

下腹部とかね。

体を冷やさないようにするために、脂肪を蓄えるのだとか。

ただ、脂肪を蓄えたままだと、今度は脂肪が冷えてくる。

すると、さらに冷えは強くなる。


ストレスなどで筋肉が固くなる

姿勢が崩れる

(例として)下腹部に血液が流れにくくなり冷える

下腹部を冷やさないために脂肪を蓄える

冷えが改善されず脂肪が蓄えられたままになっている(慢性化)

脂肪自体が冷えて下腹部の冷えはひどくなる


こんなとこでしょうか。

下腹部の冷えは、徐々に周囲に影響を与えていきます。

足が冷えたり、腰が痛くなったり。

脂肪 = 悪

ではないです。

しかし、冷えを改善するためには、脂肪が無くても良い体にしていかなくてはいけないですよね。

脱、脂肪!!

僕も今、自分の脂肪と向き合っております。

頭蓋骨の調整

images (2).jpg今日は2時間ほどかけて、自分の頭部の筋肉を緩めてみました。

慎重に、じっくりと。

以前失敗して、目まいと吐き気に苦しんだので。笑

少しずつ、骨の接合部周辺の筋肉の緊張を緩和しました。

じっくり緩めてみてわかりましたが、相当固くなっておりますね。

さて、緩んだ結果どうなるのか?

【結果】
①頭部が軽く感じる。
②頭部から腰までが温かい。
③強い眠気に襲われる。
④口が開きやすくなる。

思った以上に変化が出ました。

次回モニターさんにやってみます(^^)



あ、モニターさんから情報入りました。

2回目の施術後
「まだまだ油断は出来ませんが、睡眠が恐ろしく改善しています。」
との事でした。
「突然の回復に驚きです。」
とも仰っていました。

明日、3回目です。
体がどう変化しているのかが楽しみです♪

痛風予備軍は水分をたくさん摂取すると良いらしい

書いている人にもよりますが、

摂取すると良い目安の水分量は、

1.5リットル/日
2.0リットル/日
3.0リットル/日

と書かれている事が多いですね。

一日に3.0リットル、ジャスミン茶を飲んでみましたが、かなりキツイです。

水分摂りすぎで体調崩しそう。笑

お茶でお腹いっぱいになってごはん食べたくなくなるし、トイレばっか行ってないといけないので、日常生活に支障が出ました。

何を基準に決めているのか、調べてみる必要がありますね。

あ、摂取する水分ですが、甘いドリンクはダメですよ。炭酸も。

あくまで、水・お湯・お茶が基本でございます。


.....

今調べていたら、尿をアルカリ性にする食品を食べると良いと書いてある記事を発見しました。

ひじき、わかめなどの海藻類。
ほうれん草などの野菜。
干ししいたけなどのキノコ類。
が良いのだとか。

酸とアルカリで中和されるのかな?



痛風の歴史もちょっと調べました。

世界では、紀元前からあるようです。
凄いな痛風。
エジプトで発掘されたミイラからも、関節の中に尿酸塩(過剰な尿酸が結晶化したもので、痛みの原因)が見つかっているそうです。
ティラノサウルス・レックスも痛風だったと、恐竜の本で読んだ記憶があります。
痛風の痛みで狂暴だったとか。

ちなみに、日本で始めて痛風が確認されたのは、1960年代になってからだそうです。
と、いうことは?

戦前の生活を学んでみる必要がありそうですね。

ベルヌーイの定理

このパソコンで計算式を書けない(書き方がわからない)ので、こちらのサイトを見てみて下さい。

ものづくりウェブ

ベルヌーイの定理とは、

流体の速度が増加すると、圧力が下がる

という事を表しております。

なぜ、物理の話?

と、お思いでしょう。

何が伝えたいかと言うと、

流体(血液)の速度が増加すると、(体内の)圧力が下がる

流体(血液)の速度が低下すると、(体内の)圧力が上がる

ということ。

血行が悪くなる ⇒ 体内にかかる圧力が上がる ⇒ 体の内部から圧迫する力が強くなる ⇒ 体にかかる負荷が増加する ⇒ 筋肉が固くなる ⇒ さらに血行が悪くなる ⇒ 冷える

もちろん、正常な流れの範囲があるでしょう。

血液が、サラサラなのかドロドロなのかもあるでしょう。

しかし、やはり血液が滞りなく流れるのは、良い事だと思います。

こめ油

IMG_9081.JPG最近、食に関わるお仕事をされている方から教えていただきました、

こめ油

でございます。

インターネットで調べてみると、こめ油は体に良いとか悪いとか、色々と書いてありますね。

【良い理由】
アンチエイジング効果がある。
血糖値と血圧を下げる。
脂肪酸のバランスが良い。

【悪い理由】
溶剤と膜分離の併用による抽出法の際に、ノルマルヘキサンという溶剤を使用するそうなのですが、これが体に有害なのだそうです。
ただ、このノルマルヘキサンは、高温で蒸留する時に揮発して無くなるそうです。

【ノルマルヘキサン】
引火性が高いとか、爆発性があるようです。
吸入すると、めまい・頭痛・吐き気などが起こる。
食べると腹痛が起きる。
皮膚につくと皮膚の乾燥・発赤・痛みが起こる。


ちなみに、サラダ油を調べてみても、このノルマルヘキサンを使った抽出方法の記載が見られました(圧搾法という方法もあるようです)。

圧搾法より、溶剤抽出法の方が抽出効率が高いようです。
と、いうことは、ノルマルヘキサンを使用した溶剤抽出法の油は商品価格も安い?

...考える事、調べる事はたくさんありそうですね。

このページのトップへ