Sound Body Partner 楽音(らくね) 店内

〒454-0927
愛知県名古屋市中川区打中二丁目282
[TEL] 090-8078-1680
[EMail] sbprakuneko@gmail.com

営業時間
8:30~24:00
(最終受付20:00)

定休日
不定休(完全予約制)

アクセス
市バス打出本町七丁目 徒歩1分
地下鉄高畑駅 徒歩20分

駐車場
1台

HOME > 楽音ブログ > スマホ病?

楽音ブログ

< AQUOS施工  |  一覧へ戻る  |  胃腸の疲労による不具合 >

スマホ病?

IMG_7054.JPG頭蓋骨と頸椎の位置関係。

これが正常だという事にしましょう。

絵が下手なので、何か違和感はありますが、ご容赦くださいm(__)m

線が薄くて見づらいかな?


タイトルに、「スマホ病」と書きましたが、これは、スマホいじってる時に顔が前方斜め下向きになる事を指します。

人間、正面を向いた状態が正常であります。当然、体の作りも正面を向いた状態で設計されているはずです。

前方斜め下を向いた状態が長時間続くと、頭蓋骨と頸椎の位置関係はこうなります。
IMG_7056.JPG頸椎の位置は変わらないという前提条件付きです。

正常時に比べると、頸椎が前方へ動いています。
ん~、この表現は正しくはないですね。
「後頭部の骨が後ろにズレた」
が正しいかな。

表現はともかく、正常な位置関係ではなくなります。

そして、この状態が続くと、頭蓋骨と頸椎の位置がズレた状態で固まります。
癒着するのか、周辺の筋肉などに負担がかかった結果、固まってしまうのか。

これの何が良くないのかというと、
①天井を向きにくくなる
②首の筋肉が固くなる
③血液や脳脊髄液などの体液の流れが悪くなる

特に良くないのが、③。
これが、②による影響でもありますが、もうひとつ原因があります。

それは...

頭蓋骨の底面には孔が開いています。
一番上の頸椎にも孔が開いています。
そしてこの二つの孔は、重なっていないといけません。

なぜ重なっていないといけないかというと?

理由はたくさんありますが、ご説明はまたの機会に。

今は、下向きっぱなしは良くないですよ。

と覚えておいて下さい。

< AQUOS施工  |  一覧へ戻る  |  胃腸の疲労による不具合 >

このページのトップへ